フィギュアスケート選手が使う音楽

そうそう、最近聴く音楽についてですが、フィギュアスケート選手のプログラムに使われている音楽を検索してじっくり聴いてみたりするのが趣味の一つになっていたりします。

今ちょうどフィギュアスケートの試合が続いているシーズンですし、今シーズンも色々な選手が魅力的な音楽に合わせてステップを踏んだりジャンプしたりしています。

その中でも、今結構ハマっているのが本田選手が使っている音楽で、マイケル・スミスという人の音楽ですね。

確かThe Givingという音楽をショートプログラムで使っていますね。

検索してユーチューブで見つけて、それを毎日のように聴いていますが本当に癒される音楽です。

心が現れるような気がするのですよね。

本田選手も上手く音楽を選んだものだなと思いました。

まあ自分で選んだ音楽かどうかは分かりませんけどね。

コーチや専門家が戦略を考えて選んだのかもしれませんし。

スケートに使われる音楽って色々ありますが、クラシックからポップスまで、耳に残るものが多いですよね。

それに合わせて演技をするわけですから印象的な音楽を選ぶのはごく普通のことだと思います。

毎回、色々な選手の演技を見て、好きな音楽を耳にすることがあったらメモしておいて、後で検索して聴いたりしています。

かなり楽しいものです。

これがきっかけで知らなかったクラシックを知ることができたりもして、知識も深まります。

明日もスケートの試合を観るので音楽にも注目です。